銀行でお金を借りられる条件

MENU

銀行でお金を借りられる条件

銀行からお金を借りる条件として、まずは安定した収入が不可欠です。一定期間以上継続的に正社員として働いている人ほど審査に通りやすく、融資を受けられる確率は高くなります。銀行といっても、大手の消費者金融も銀行の傘下に入っているので、銀行のカードローンに近いものもあります。金利などを見てみても、銀行のカードローンとさほど変わりませんし、融資の審査については、銀行よりも甘いという気もします。最近では、ネットで簡単に申込から契約までできる銀行があるので、即日お金が必要な場合には利用してみるのも良いと思いますよ。

 

銀行からの融資は全般的に審査が厳しい傾向を持っており、お金を借りる事が難しい反面で金利が低く限度額は多めに設定されやすい他、最も安全性の高い融資先候補となっています。

 

ただし、十分な年収かつ正社員としての職歴が長い人であっても過去に支払いの延滞や自己破産などを起こしていると、審査に通る可能性はほとんどなくなってしまいます。

 

また、お金を借りるといっても住宅や自動車のように用途が明白である場合は目的型ローンとしての融資に分類され、自由型ローンのように借りたお金を自由に使えない点は十分注意しておく必要があります。目的型ローンは決められた用途にしかお金を使えませんが、自由型よりも大きな金額を借りられる点で優れている選択と言えるでしょう。

 


返済が安心!どっちも10万借りたら返済は月々4,000円からの低金利
どっちを選ぶ?


  • 条件が合えば30日間無利息
  • Web申し込みで即日融資可能
銀行でお金を借りられる条件
プロミスではコチラ>>
  • 融資可能か、最短1秒診断
  • 最短1時間のスピード融資
銀行でお金を借りられる条件
アイフルはコチラ >>

銀行でお金を借りる

 

消費者金融のキャッシングとは最近では物凄く話題となっており、その利用者もかなり増えているのですが、この消費者金融とはまた違ったサービス内容でお金を貸しているのが銀行系なのです。銀行でお金を借りる事も消費者金融と同様で非常に利用しやすく、身内や友達からお金を借りる事に比べればプライバシー面も十分に配慮されています。しかし、この銀行系では消費者金融とは異なった条件や内容を持っているものなのです。

 

まず、銀行で借りる際には、消費者金融と比較すれば確実に審査が難しくなっています。消費者金融の審査とは収入面が少なくてもカンタンに審査を通過する事が出来るメリットを持っているのですが、この銀行では少しハードルが高くなっています。なので、利用する以前に審査で落ちてしまう、と言う方も少なくは無いのです。

 

その反面、銀行では金利が消費者金融よりも比較的低めに設定されています。金利が低い事で多額のお金を借りても返済時にしんどい思いをする事は少なく、安心してサービス利用が出来るのです。もちろん融資出来る額も消費者金融に比べれば多めに設定されているので、このような点から銀行でお金を借りる事は便利で使いやすくもあるのです。

 

これらの事から、銀行でお金を借りる事は一長一短であり、利用しやすい条件としにくい条件を持っているのです。もちろんこの点に関しても、利用者自身が自分に合ったサービスであるか把握しておく事がよいのでは無いでしょうか。

 

お金を借りられる金融機関のあれこれ

どうしてもお金を借りなければならない事情が出来たり家や車などの生活に必要な大きな買い物をする時など、必要なお金を借りたい場合はその用途や必要な時期によって様々な金融機関が該当します。

給料日前なのに冠婚葬祭が重なった、事故にあって保険が下りるまでの入院費が欲しいなどの用途なら即日審査・即日入金ができるキャッシングがおすすめです。特にセゾンやJCB・VISA・UCといったブランドのクレジットカードを持っている場合は、あらかじめキャッシングも申し込んでおくと、普段は使わなくてもいざという時にコンビニや銀行のATMからすぐにお金を引き出せるので便利です。返済はクレジットカードの支払代金と一緒に引き落としるので、返済するのにわざわざATMや窓口に行く必要もありません。

また、銀行系カードローンのバンクイック(東京三菱UFJ銀行系列)、モビット(三井住友銀行系列)、プロミスカードローン(SMBCコンシューマーファイナンス系列)、などは収入証明書が要らず審査も簡単に行われるだけなので、早くて即日に借りることができます。これらの金融会社はインターネットから申し込みが可能で、店頭に行く必要もなく人知れずお金を借りれるのもメリットの一つです。

住宅や車などの大きな買い物をするときに組むローンは、金利や優遇制度などを吟味してから選ぶ必要があります。特に住宅ローンは金利だけ見て借りてしまうと手数料や保証料が思ったよりかかってしまってトータルでみると他の会社で借りるより高くついてしまうこともあるので注意が必要です。

 

消費者金融でお金を借りる

生活費が足りない、洋服が欲しい、買い物がしたいなどと言う理由からお金を欲している方は恐らく、国内だけでもかなりの方が当てはまるのでは無いでしょうか。お金とはあればある程自分の欲求を満たすことが出来るので非常に大切なものなのですが、どうしても必要である人に関してはお金を借りている方も少なくは有りません。その借りる機関としてやはり利用者が多い場所としては、消費者金融という機関なのです。

 

最近ではテレビCMを始め、雑誌や新聞、更には街中で見かける看板などでも消費者金融の宣伝が行われているのですが、その事から消費者金融とは数多くの会社が挙げられるのです。アコムやプロミス、ノーローン、レイクなどと大手の消費者金融だけでもこれだけ存在しているのですが、実際にはどこも好条件でキャッシングやカードローンのサービスを提供しています。銀行系に比べれば多少金利が高くなってしまうのが消費者金融の特徴なのですが、その反面即日融資が可能であったり女性でも安心して利用できてしまうサービスなどもかなり充実しているのです。

 

もちろんこれらの事から、消費者金融でお金を借りる事は決して難しく有りません。気軽にお金を利用するには最も適している環境であるかもしれず、幅広い年代の方が利用出来るのも1つの利点なのです。また、会社によって設けているサービスは多少ばかり異なってくるので、自分に適したサービスを提供している会社を見つける事もまた大切なのです。

 

今すぐお金を借りれる>>